商品を売るな

あなたも、思っていたりしませんか?
「ライバル会社より、自分のほうが技術や商品は
優れているはずなのに・・・」
と。

以前、こんなことがありました。 
車のエンジンを踏むと、
少し、大きな音がブンブン出ました。
それでも多少なので
「まあ、いいか」と思い、そのままにしておきました。

 しばらくたち、ガソリンスタンドに行き、
このことを話したところ
「今はいいけど、そのうちもっと大きな音になっちゃうよ」
「不良のバイクの音みたいになって、夜遅く帰ってこられなくなるよ」 

こう言われました。
で、すぐに直してもらいました。

不良のバイクは嫌だと。

 

ビジネスの世界では、
「商品・サービス」より、
「セールス・マーケティング」
が重要です。

売り方がうまい方が売れてしまうのです。

 

人は、感情で行動します。
そして感情を動かすものが、
「ベネフィット」です。

そこで、
「商品を売るな、ベネフィットを売れ」
です。 

ベネフィット???

マーケティングのことをあまりご存知ない人は
何の事だか分かりませんよね。

ベネフィットとは、「利益」です。
お客さんが得られる利益です。

「商品を売るな、ベネフィットを売れ」とは、
「商品自体を売るのでなく、商品を購入することで
お客さんが将来得られる利益を伝えろ」
ということです。

 分かりやすいのは、車です。
車の性能に関してもいろいろあるでしょう。
特徴が各車あると思います。

 自分は車にあまり詳しくないのですが、
こうした性能を、
たくさん説明されても???です。

選ぶときは、
「もてそうだ」
「自慢できる」
「目立てる」
「スピードが出てかっこいい」
とかでないですか?

健康食品もそうです。
成分やら何やらで特徴はいろいろあります。
効果もいろいろあります。

でも、買うとき考えるのは、
痩せたら、
「かっこよくなれる」とか
「もてる」とか、
「うらやましがられる」
でないですか?

 

これが、ベネフィット
「将来得られる利益」です。
商品の特徴、優れているところにとどまらず、
その先を伝えてあげるのが、大事です。
お客さんは
あなたの商品を求めているのではありません。
良い事、得することを求めているのです。
その商品を購入することで、
お客様が得られるメリットを伝えることが重要です。

「あなたはこうなる!」
「あなたの問題が解決される!」
これが、重要です。

「商品を売るのではなく、ベネフィットを売る」
のです。

どうしても
商品自体の説明に終わらせてしまいがちです。
ただ、
「お客さんのベネフィット」
これを意識したら、もっと売れると思いませんか?

Pocket
LINEで送る