小さな会社の差別化とは?よく差別化ということが言われますが、
そもそも差別化ってなんでしょう?

「ライバルに出来ないことをアピールすること」
このように考えている方も
いらっしゃるかもしれません。

でもこれだと、
違った方向に行ってしまうこともあります。
変わったことをやるのが差別化ではありません。
いくら変わったことをやっても、
それが、お客さんのためにならなければ、差別化ではありません。

差別化とは、
「お客さんはたくさんある選択肢の中からなぜ、
あなたの商品を買わなければいけないのか」
ということです。

言葉で言うのは簡単ですが、
それがなにかと言われると、
なかなか答えが出てこないと思います。
難しいですよね?

そこで、より詳しくお伝えすると、
差別化のパターンとしては、基本的に3つしかありません。
そのうちのどれかで勝負するのです。

その3パターンとは、
1・価格で勝負する
2・品質や技術で勝負する
3・お客さんとの関係性で勝負する

すし屋で言えば、
1.  回転寿司
2.  高級寿司店
3.  近所の寿司や
です。

多くの会社の場合、
現実的には、価格で勝負することは不可能です。
大企業がとる方法です。
また、品質や技術と言うのも、難しい部分があります。

3の関係性で勝負するしかないのがほとんどです。

関係性といっても、
難しく考える必要はありません。
すでにあなたも、
「あなただから来てるんだよ!」
と言ってくれるお客さんがたくさんいるはずです。

いままで、そうしてきたように、
目の前のお客様に喜んでもらえる方法を考えればいいだけです。
お客さんの悩みやニーズをよく理解し、
共感しそれに応えてあげればいいだけです。

「1人のお客様に喜んでもらうにはどうすればいいか?」
常にこれを考えるのです。
そして、そのことを伝えていくのです。

そうすれば、
あなただけの、強い差別化になっていくのではないでしょうか?

Pocket
LINEで送る