選ばれるために意識すること北海道へいったことは、以前のブログでも書きました。
2泊しました。
1泊は洞爺湖温泉、もう1泊は登別温泉です。
泊まるところは、いつもじゃらんで探すのですが、
洞爺湖温泉は初めてだったので、
いろいろと見てみました。

金額や食事、部屋の広さ、温泉、タバコが吸えるか等々、
いろいろ要求はあります。
で、一番よさそうなところにしたのです。

もう1泊の登別温泉は、
以前行ってよかったところなので
何ら悩みませんでした。

 

何で選ぶのか?

何が言いたいかと言うと、
最初分からない時は、
「〇〇そう」ということで買っているのです。
行ったことなければ分からないですからね。
よさそうということで選びました。

そして、そこのサービスが満足すれば
リピーターになるということです。

 

意識していますか?

ですから最初が肝心です。
「〇〇そう」というのを意識していますか?

これは、どこでも同じですね。
まだ、お客さんになっていなければ、
使ったり、食べたり、会ったりしたことがないのだから。

最終的には、
「〇〇そう」
でしか選びようがないのです。

だから、この「〇〇そう」をうまく伝えている会社が、
儲かっているのではないでしょうか。

今、「まだら」になると話題のカネボウを見てください。
当然、会社も予期していなかったことですが、
誰も、そんな風になるとは思っていませんよね。
あくまでも
「美白効果がありそうだから」
ということで買っているはずです。

結局そんなものです。
「〇〇そう」なのです。
これを伝えるのが大事です。

 

少しずつやる

特に大きな会社は、
普通にしていても信頼性はあるし、
広告費もたくさんあります。
もし仮に、そうしたところと戦うにしたらなおさらです。
そうでないところと戦うにしても大事です。

効果がありそう
きちんとした会社そう
社長が誠実そう
おいしそう
成果がでそう   等々

こうしたことをアピールしていかないといけないですね。
と、書いていて自分も感じました。
でも、なかなか自分のことは自分では分かりません。
なので、皆さんも悩んでいるのでしょう。

とはいえ、やらないわけにはいかないわけで、
少しずつでも進めていけたらいいですね。
もちろん進めているところは、
もっと魅力的にできたらいいですね。

とりあえずは、
きちんとした会社だ
社長が誠実そう
とかは、簡単にできますね。
HPとかに、きちんと顔を出して
自分の思っていることを書けばいいです。

初めて取引する上では、
やっぱり信頼性は大事ですから。

まずは、少しずつ。
あなたは、最初にどんな「〇〇そう」を伝えていきますか

Pocket
LINEで送る