自分が本当にやりたいこと

失敗したのかもしれません

「税理士をお願いしたいのですが?」
「いくらですか?」

いまだに以前のHPが残ったままになっているので
こんな電話やメールがあったりします。
今朝も電話がありました。

その時言うことは、
「申し訳ありませんが、今新規に受け付けていません」です。

自分が本当にやりたいことだったのか?

もともと前職を辞めたのは、
もっと中小企業の社長さんのため、
これから仕事を始める人のため、
助けになりたいという気持ちからでした。

その時に一番手助けになりやすいのが、
税理士と言う仕事です。
会社があれば、当然税理士は必要ですからね。

ということで、当初はコンサルだけでなく、税理士業も並行してやりました。

税理士業も競争が激しい中、
ありがたいことに、
お客さんになってくれる人がたくさんいらっしゃいました。
お客さんを獲得するということでは結果をだしました。

そんな状況でしたが
あるときから思うようになったのです。

申告書なんか作っていていいのか?

自分がどちらかをやりたいかと言えば、
申告書を作るのではなく
お客さんと話をすることなんですね。

もちろん今、税理士業務でお付き合いしているお客さんも
申告書を作ってもらうことを期待している人ではありません。
会社を良くしてくれる、と期待している人たちです。
税理士業を受けていたといっても、
申告だけを期待する人は断っていましたので。

だから、今のお客さんは皆好きです。
そうかといって、手を抜くことはできません。
でも申告書を作るのは、本音はやりたくないんですね。

で思いました。
税理士業務はもう一切追加で増やすのはやめようと。
コンサルをしているお客さんに頼まれても断ろうと。

あると楽ですが・・・

実は、税理士業務ってビジネスモデルとして非常にいいんです。

一度契約してもらえれば、長期間契約が続きます。
よほどのことがない限り税理士さんを変更しないです。
実際自分もお客さんから解約されたことはありません。
だから、お客さんを獲得するためのコストも相当かけられます。

さらに、付随する業務をどんどんプラスすることができます。
気が付いたら当初の報酬より倍になってしまったこともあります。

信頼関係が出来れば、報酬アップも容易です。

こんな感じで
お客さんを見つけるまではそれなりに労力がかかりますが、
そのあとは安定しているんですね。

自分が本当にやりたいこと

ということで税理士業務も残すのが一番効率がいいわけですが、
新規は一切受け付けていません。
コンサルをしているお客さんに頼まれても、お断りしています。

申告書を作るより、
お客さんと話をして一緒に解決策をみつけて、
一緒にがんばっていく方が好き。

税理士業務を増やせば、そのための時間が減ってしまう。
誰か雇ってやってもらえばいいですが、
自分は、自分一人で好きなように好きな時間に働きたいから、
へたに人は雇えない。

どんなことでもそうでしょうが、
自分がやりたいことを追い求めれば、
断念しなければならないことも多少あるでしょう。

でも、それはしょうがいないですね。

自分が本当にやりたいこと。
あなたの場合はなんでしょうか?

 

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る