資金繰り表が必要なたった一つの理由

資金繰り表つくってますか?

資金繰り表は、
事業をやっている方は必ず作るべきだと考えています。
特にこれから起業する人は
早めにつくる習慣をつけましょう。

ちなみに私は、年初に1年分の資金繰り表を作り、
それを毎月更新しています。

では、なぜ資金繰り表をつくるべきなのでしょうか?
銀行に言われたから?
税理士さんに言われたから?
誰かに必要と言われたから?

それだとどうでしょう?
なかなかやる気になれないですよね。
今日は、資金繰り表がなぜ必要お伝えします。

よく言われる資金繰り表が必要なわけ

資金繰り表についての必要性は、
よく次のようなことが言われますね。

【ビジネスの継続のため】
利益を出したところで資金不足になれば倒産する。
しかし、利益がなくても、資金繰りさえできていれば倒産しない。
ビジネスをつづけるためには、すべて「資金繰り」にかかっている。
したがって、資金繰り表で把握しておかないといけない。

【金融機関からの借り入れのため】
「黒字のはずなのにお金が無い」
「毎日忙しく、売上もあるのに何故か出ていく方が多い」

普段から、資金繰り表を作成し、
お金の動きを把握していれば、
お金が足りなくなるのが事前に分かる。
したがって、銀行からの借り入れも余裕をもって対策ができる。

たしかに、こういうことも非常に重要なことです。
これだけでも、作る必要性は大いにありますね。

資金繰り表をつくるべき本当の理由

しかし、
資金繰り表にはもっと大きな意味があります。

起業当初の自分もそうでした。

売上は少ない。
お金はどんどん減るばかり。
そんな中、通帳ばかり見ている。

お金のことは気になって仕方ないですよね。

資金繰り表をつくるべき理由。

資金繰り表が
「充実した毎日が送れるためのツール」
だからです。

資金繰り表をつくれば、
半年以上先のお金の状況が大体予想できます。
このままいったらどうなるのか?予測できます。

そして、作った結果、

もし悪かったとしたら・・・
普通の人は、こう思うはずです。
「もっと売上をあげるための行動をとろう。」
「そのためには、〇〇をやろう。」
つまり、モチベーションを高めるエンジンの一つとなるのです。

そして、お金の心配が当面なさそうであれば・・・
お金がだんだん増えていく状況が予想できれば、安心して暮らせますよね
プライベートにも使う時間をとっても大丈夫とか考えますね(自分はそうです)。
そして、必要であれば拡大のための投資も安心してできます。

このように、
「将来お金がどうなるのか?」
と知ることは、自分自身の精神上、非常に重要なのです。

ですから、「資金繰り表」をつくる大きな意味が、
「充実した毎日が送れるためのツール」
だと考えるのです。

どういう資金繰り表をつくる?

では、
「資金繰り表どういうものをつくればいいのか?」
ということですが、
ネット上にフォームはあふれていますので、
そちらを見てもらえればと思います。

ただ、本質を忘れないでください。
「将来のお金の状況を予想できること。」
これにつきます。

極端なことを言えば、
入金と出金がある程度予想できるのであれば、

前月繰り越し
入金
出金
次月繰越

この4行だけでもOKなのです。
(もちろん、会社の資金の状況によっては、日繰りやもっと詳細なものが必要なこともあり得ます)。

大事なのは、
「自分自身で考えて、将来のお金を予測する」
ということです。
そして、その結果に基づいて、
自分自身の行動を変えることです。

資金繰り表、作ってみてはいかがですか?


人気ブログランキングへ

Pocket
LINEで送る