どんなお客さんが喜んでくれますか? 

aka

ソチオリンピックが始まりました。
そして昨日は東京の方は大雪でした。
大変そうでした。

しかし、こちら静岡の自分の住んでいるところは、
全く雪が降りませんでした。

少しは雪が降ると思ってワクワクしていたんですが・・・

 

いまWEBサイトを作りたいという人に
コンサルティングをしています。

あーだこーだとやりながら進めていますが、
やっているとつくづく思います。

お客さんは?ということです。
「どんなお客さんが喜んでくれますか?」
これが分からないと進みません。

 

自分も大事ですが

もちろん自分が何をやりたいのか?
と言うのが根本にあります。

自分がやりたいことをしないと面白くありません。
でも、お客さんに来てもらわなければ続きません。
お客さんに喜んでもらわないとしょうがありません。

ホームページなり、ブログをやる目的は、
普通はお客さんが欲しいからです。

だったらお客さんが喜びそうなことを
書かないといけないです。
寄って来てくれません。

 

変なことになってしまいます

だからお客さんが決まらないと始まりません。
決まらないと変なことばかり書いてしまいます。

お客さんが決まらないと、

  • お客さんが受け取るメリット
  • お客さんが何を望んでいるのか
  • お客さんが何に困っているのか
  • お客さんが何を知りたいのか
  • お客さんに何を教えたらいいのか
  • お客さんが喜ぶこと

などなど、
何を書いたらいいのか分かりません。

そして、これも重要です。
お客さんが分からないと
お客さんにアピールするウリも分かりません。
ウリだと思っても一歩間違えると、
お客さんの喜ばない変なところへ行ってしまいます。

 

最後に

地味ですが、結局お客さんです。
仮でもいいから決めましょう。
実際いろいろやって変えていけばいいのです。

ちなみに日本人の知らなかったフリーエージェント起業術という本にも
詳しく書いてあって参考になります。

あなたの商品・サービスは誰がよろこんでくれますか?

 

 

Pocket
LINEで送る