自分に何ができるのか?

必要としてくれる人だけでいい

昨日は情報発信が重要ということをお伝えしました。
しかしその時に出てくる壁。
「自分に情報発信を伝える価値があるのか?」
ということでした。
(詳細はこちら 情報発信の壁

もし、その壁を乗り越えることが出来たとしたら、
次の段階ででてくること。

それは
「自分が伝えられることは?」
「自分に何ができるのか?」
ということです。

「必要としている人にだけ分かってもらえばいい」
と思えたとしても、
じゃあ、何を書くのかといったところで
悩んでしまうのではないでしょうか?

自分に何ができるのか?

「自分に何ができるのか?」
「自分は何を伝えることができるのか?」
考えてしまいますよね。

もちろんそうでない人もいます。
そういう人はうらやましいですが。

私のお客さんも、大部分は悩んでしまいます。
それが普通だと思います。

いろいろ持っているはずなのに・・・
いろいろ知識はあるのに・・・

考えていても思い浮かばない。
自分に何ができるのか分からない。

何を書こうか?
何を伝えようか?

考えていても
なかなか思い浮かばないかもしれません。

悩んだ時の質問

「そんな時のきっかけになれば」
参考となる質問です。
悩んだら考えてみて下さいね。

  • あなたが興味をもっていることは何ですか?
  • あなたが情熱をもってできることは何ですか?
  • あなたは、どのように他の人の役に立つことができますか?
  • あなたは、友達に対してだったら、どんなアドバイスができますか?
  • あなたが乗り越えてきた困難はなんですか?
  • そしてそれをどのように乗り越えてきましたか?
  • あなたの強みはなんですか?
  • 人からよくなんと褒められますか?
  • あなたが今まで経験したユニークな経験はなんですか?
  • あなたが持っている知識はなんですか?
  • あなたが持っているスキルはなんですか?
  • あなたが人に伝えたいメッセージはなんですか?
  • あなたは将来どのような人になりたいですか?
  • あなたがもっと学びたいことはなんですか?
  • あなたが教えたいことはなんですか?

それぞれの質問に対してたくさんの回答を書き出してみて下さい。

「自分に何ができるのか?」
ヒントになるのではないでしょうか?

補足

でも、考えてみれば、
あなたが好きなことを書けってことですね。

あとは、誰に伝えたいのか?
ということでしょか。

何を書けば良いか分からないということもそうですが、
だれに伝えたいのかはっきりさせるといいですね。

相手がはっきりすれば、
伝えたい内容がより具体的に思い浮かぶはずです。
これは、HPやチラシ等と同じですね。

すこし時間をとって振り返ってみてはどうでしょう?

Pocket
LINEで送る