イベントをむりやり作って売上up(3つの思考)昨日は土用の丑の日でした。
テレビでも鰻のことを、たくさんニュースでやっていましたね。
私は特に食べませんでしたが、いいですね。
どちらかというと、肉の方が好きなのです。

もともとこの土用の丑の日ですが、ウィキペディアによれば、
平賀源内がつくりだしたものという説もあるそうです。

商売がうまくいっていない鰻屋さんが、
夏にも鰻を売りたいと思い、平賀源内に相談しました。
平賀源内は、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めたそうです。
すると、その鰻屋は大変繁盛し、他の鰻屋もそれを真似るようになり、
土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したというそうです。

もともと土用の丑の日なんてものはなかったんですね。
参考になるのではないでしょうか?
何かのイベントにかこつけてモノを売るということを。

 

私のお客さんでもこういうことがありました。
以前上手くいったけど、やっていないことを聞いてみました。
すると、
「〇〇フェアと言うのを昔やった時は、お客さんがたくさん来ました。でも今はやっていません。」
「なぜやっていないんですか?」
「何となく。」

もったいないですね。
ということで、もう一度やったら結果はでましたよ。

何でもいいから機会があれば、
お客さんは集まりやすくなります。
お客さんの立場からはなんとなく行きやすいですから。
であれば、
こうしたイベントを徹底的に活用したほうがいいと思いませんか?

そうした時に、土用の丑の日ではないですが、
なんかのネタを探さないといけない。
いろいろありますよ。
あなたにその気があれば、
こじつけでもなんでもできてしまいます。

その時に考えられるもとになるのは、以下の3つがあります。

1.季節にあった定番
「母の日」、「父の日」、「敬老の日」、「バレンタインデー」や「クリスマス」
特定の時期に発生するイベントです。
それ以外にも、いろいろ作れますよね。
〇〇の日なんてたくさんありますよ。

2.今話題になっているはやりもの
今話題になっていることや、
これから話題になるであろうことも取り上げられます。
今だったら富士山の世界遺産登録とかがそうですね。

3.自分に関係する事
創業○年や結婚、出産などです。
お客さんには関係なく、まったくの自分の都合です。
それでも理由になりますよね。

いろいろネタは転がっています。
お金をかけなくともアイディア次第で
簡単にできるものもあると思いませんか?。

敬老の日も
「おじいちゃん、おばあちゃんに感謝して、一緒に楽しい時間をすごしましょう』
とか、できますよね。

ようは、
『そうか、そうだな』
と、思ってもらえればいいわけです。

とにかく行動が大事です。
あなたは何ができるでしょうか?

Pocket
LINEで送る