独立・起業時に考えた3つのこと

独立・起業時に考えた3つのこと

あなたも
「会社をやめて起業したい!!」
こう思っているのではないでしょうか?

自分の周りでも、
「会社をやめて起業したい!」
と言っている人がいたりします。

しかし、具体的に
「どうやってビジネスをするのか?」
と、そこで固まってしまうということも多いのではないでしょうか?

私の友人にもそんな人がいます。

そこで、
私の経験から
大まかに何を考えればいいのか?
についてお伝えします。

今日の内容は、
完璧にしないとダメだというものでもありません。

大まかに決まっていて、
それに沿ってやってみて
変わってきてもいいものです。

経験が一番大事です。
そこから得るものは非常に大きいです。
だから、変わってきたら逐次変えていけばいいのです。

では、具体的にいくと以下の3つです。

  1. 究極の目標(ビジョン)
  2. そのための戦略
  3. 具体的な行動を決定する

究極の目標

究極の目標、これはいわゆるビジョンですね。
自分自身が5年後、10年後、15年後
どうなっていたいか?

ということです。

年収が〇〇千円とかと言う人もいるかと思います。
市や町に貢献したいとかもあるかもしれません。

人それぞれ何でもいいと思っています。

重要なのは、行動のドライブになるものであるということです。
精神論になってしまいますが、
自分が本当に頑張れる夢があったら、
何でもできるのではないでしょうか?

戦略

そして、戦略です。
これを決めましょう。

曖昧だったりすると、売上をあげるためにやることが
ピンとはずれになってしまう恐れがあります。

<Why>
自分自身のビジネスを何業ととらえているのか?
あなたの商品・サービスにより、究極的にお客さんはどうなるのか?

<Who> 
あなたの商品は誰のためのものなのか?

<What>
お客様になにを提供するのか?
そして、なぜお客様は「あなた」から購入しなければならないのか?

こうしたことが決まってこないと、
お客さんに正しくアプローチできません。
宣伝文句も決まってきませんね。

常に考え続きるべきことです。

行動を決める

戦略を決めたうえで、
具体的にやっていくことを決めていきます。

○月○日までにHPを作るとかですね。

そしてもう一つ大事なこと。
行動を決めることも大事ですが、
数値でも測定できるようにしてください。

売上はどのくらいあるのか
利益はどのくらいあるのか

これが分からないと話になりません。
個人事業の方だったりすると、
苦手意識もあり、おざなりになってしまっている方もいます。
年一度や半年に一度ではなく、必ず毎月分かるようにしておきましょう。

そしてこういう数字は事前に目標として月ごとに作ってください。
そして、それを毎月比較して、一喜一憂してください。
そうすることが進歩になってきます。

まとめ

  1. 究極の目標(ビジョン)
  2. 戦略
  3. 行動決定

の3つです。
自分も常に考えブラッシュアップさせています。

ぜひ考えてみて下さい。

 

人気ブログランキングへ

Pocket
LINEで送る