ホームページで基本となる3つのこと

ホームページで基本となる3つのこと

先日ホームページはいつ作る?ということをお伝えしました。
早くから作っていった方がいいですよということでした。

では作ろうということですが、
作る時には、基本となる大事なことが3つあります。
次の3つのことは常に意識してください。

その3つとは・・・

  1. 誰の?
  2. どんな悩みを解消できる、願望をかなえられる?
  3. なぜあなたなのか?

という3つです。

細かい点は他にもあります。
しかし、これができていないと話になりません。
この3つを意識せず作ったところで大した成果はないでしょう。
ですから、この3つは必ず意識してください。

 なぜこの3つが重要か?

次になぜ、
この3つが基本になるか?
ということです。

そもそもビジネスってなんでしょうか?
なぜ、お客さんは商品サービスを購入するんでしょうか?
お客さんは、あなたの商品やサービスそのものが欲しいんでしょうか?

そうではないですよね。

お客さんは自分自身が持っている悩みを解決したり、
願望を満たしたいと思っているだけです。
商品・サービスを購入した先にある何らかの未来が欲しいんですね。
スペックや、性能やそんなことよりも自分がどうなれるかです。

お客さんは
商品・サービスを購入した先にある何らかの未来が欲しい
のです。

だったら、あなたの商品サービスを買ったら、
お客さんはどうなるのか?
そのことがホームページから分からないと買ってくれません。

お客さんに分かってもらうためには、

  • 誰に?
  • どんな悩みを解消できる、願望をかなえられる?
  • なぜあなたなのか?

を意識する必要があるのです。

 

一番最初に考えること

  • 誰に?
  • どんな悩みを解消できる、願望をかなえられる?
  • なぜあなたなのか?

この3つは相互に関連します。
その中でもっともポイントになるのは、
誰に?
です。

誰に?
が変われば、悩みや願望も変わってきます。
なぜあなたなのかも変わってきます。

逆に言えば、
誰に?
が決まらなければ他も決まりません。

ということで、まずは
誰に?
を考えましょう。

まず最初に徹底的にこれを考えてあげなければなりません。

誰に?

誰に向けてホームページを見せているのか?
を考えましょう。

あなたのホームページを見ている人は誰でしょう?

  • 男性?
  • 女性?
  • 年齢は?
  • 仕事は?
  • 趣味は?
  • 年収は?
  • 何を求めている?

より明確に、より具体的にイメージしましょう。
相手の考えている悩みや願望もよりはっきりしてきます。

そうすれば、
相手に伝わりやすいメッセージが書けるのです。

100人に向けて書くより1人に向けて書いた方が、
伝わりやすいメッセージが書けるのは想像できるでしょう。
ようは手紙ですね。

1人のことを考えて、1人のために書くのが効果的ということです。

どこまで行ってもこれです。
チラシでもそうでしょう。
人と会った時もそうでしょう。
そして、WEB上でもそうでしょう。

集客できない、
商品が売れない・・・
というのは、相手をイメージせずにやっているからです。

お客さんは誰でもいい、
たくさんの人に売りたい
という結果です。

人によって考えていることは違います。
悩みや願望も違うのです。

最後に

誰に?ということを常に考え続けましょう。

私も起業する前から悩んで考えました。
確かに起業していなければお客さんが全くいない状態ですから、
イメージしにくいかもしれません。

ただ、まずは、これ!!
と決めないとダメです。
イメージしなければしないほど、ダメな方向に行ってしまいます。
ダメだったら変えていけばいいのです。

最後に質問です。
あなたは誰にむけて書きますか?


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る