白色申告の記帳・帳簿書類の保存が変わる

白色申告の記帳・帳簿書類の保存がH26.1から義務化されます

今日は、特定の人にだけ関連することです。
すでに青色申告をしている人には関係ありません。
白色申告をしている人のうち帳簿をつけていない人です。

今までは、
白色申告でも、
記帳と帳簿書類の保存が求められていたのは、
前々年分あるいは前年分の事業所得等の金額の合計額が300万円を超える人だけでした。

 

たとえば、

  • 経理のことがよく分からない
  • 事務作業の時間をとることが難しい
  • 副業でこじまんりとやっている

と言ったような方もいらっしゃるかもしれません。
そして、そんな方でも今までは記帳義務がなかったかもしれません。

ということで帳簿に記帳せず確定申告の時に、
1年分の領収書や請求書を足し合わせて、
申告書を作っていた人もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は注意です。

変更内容

どうなるか?

  • 平成26年1月から
  • 個人で事業や不動産貸付等を行っている全ての人
    (事業所得、不動産所得、山林所得を生ずべき業務を行うすべての人)、
  • 記帳と帳簿書類の保存

が必要となります。

事業をやっていれば全ての人が
帳簿の記帳と帳簿書類の保存が必要になってくるのです。

今まで帳簿の記帳をしていなかったような人にとっては大変かもしれません。
これからは帳簿をつけないといけないですから。

最後に

国税庁のホームページにも記帳の仕方がありますが、
エクセル等でも作ることができるでしょう。

ただ、個人的には会計ソフトを使って記帳した方が
全然楽だろうと思います。

最初覚えるのは大変かもしれません。
ただ間違えにくいし、あとあとの効率性は断然高いです。

そして、もし会計ソフトを使うと決めたのだったら
白色申告よりも青色申告にした方がいいですね。

一度考えてみてはいかがでしょうか。

参考:国税庁HP
個人で事業を行っている方の帳簿の記載・記録の保存について

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/

※    帳簿の記帳の仕方も下のほうにパンフレットがあります。

 

独立起業メールセミナー

Pocket
LINEで送る