人それぞれものの見方は違う7つの習慣

(完訳 7つの習慣 P20より)

 

今日は気温は高めのようですが、
台風一過の影響か風が強く涼しいです。

残り半年なので、
「7つの習慣」
読みかえしています。

冒頭の絵は
「7つの習慣」から有名な絵です。
知っている人もいるかもしれませんね。

では、この絵は何に見えますか?
解答は最後です。

 

パラダイムシフト

7つの習慣では、
パラダイムシフトとかいう言葉が出てきます。

そのパラダイムシフトに関連して、、、
先日もありました。
お客さんのところへ行った時のことです。

自家製の大きな梅が入った梅ジュースを頂きました。
自然な感じでおいしかったです。

聞いてみると、
庭に梅の木が植わっていて、
たくさん落ちるので作っているとのことでした。

 

ものの見方は違う

「梅ジュースいくらですか?」
「売っていません」

この方、飲食店です。
もったいないです・・・

「なんで売らないの?」
とこちらは思います。

でも、庭の木から落ちた梅のジュースなど
売るものだという発想自体がなかったようです。
人それぞれ、ものの見方って違うもんだと思います。
その後、先週行ったら350円で売っていました。
予想以上に人気があって
お客さんにも喜んでもらえているとのことでした。

 

最後に

さて、最初の絵、何に見えましたか?

老婆?
それとも若い女性?

どちらも正しいです。
同じことでも、見方によっては
違って見えることがあります。

そして、それは両方とも事実です。
しかし、その見方次第で、
全く違った結果にもなりえます。

意外と日常生活でも
こういったことが
あるかもしれませんね。
嫌な事や、かっとなったりとか、
物の見方を変えると、
そうでもなくなったらいいなとは思います。

常に意識しないと難しいですが、
ものの見方を変えると
いいことがあるかもしれません。

Pocket
LINEで送る