起業家になるならない

あなただったらどうしますか?

目標としては、幸せな老後=衣・食・住に欠けない老後を送れることです。
正直、不安です。経済面、肉体面で不安があります。
自分一人でも不安なのに、妻を路頭に迷わせずに今後、生活が送れるのかについて不安があります。
不安にしているのは、将来、生活出来るだけの収入を稼げるかです。
いまの職場での自分の働きが、あまりに評価されていないため
いまのままでは厳しいと思います。

もしあなたが、こういう状態だったらどうしますか?

選択肢はたくさんあると思います

  • 会社で評価されるよう努力する
  • 努力しても駄目だから現状を我慢する
  • 会社をやめて起業家になる
  • 転職する

いろいろありますね。

で、どれが正しいかと言えば・・・

分からないです。
どれを選べば一番いい結果が得られるのかは分からないです。

分からないですが、起業家になることを勧めます。
会社での評価を覆すのは難しいです。
そして現状のままでもお金の不安があるなら、
起業家になるしかありません。

仕事をしている目的は?

「何のために仕事をしている?」
生活のため?
仕事が楽しいから?

仕事が楽しければ、
問題なく今の仕事を続ければいいですよね。
そのことで、人生が楽しいものになるはずです。

 

一方、生活のためだったら。
生きていくためには、お金が必要です。
家族がいれば養っていかなければなりません。
だから、仕事をしている目的が
「生活していくため」
ということであってもいいと思います。

ただ、それで満足できるのかということです。
お金が大事で安定した生活が第一だったら満足できると思います。

しかしそうでなければ・・・
たった一度の人生だからこそ、
楽しく幸せに生きたいと思うのが普通だと思います。

私は、楽しくなければもったいないと思います。
だから私は仕事をやめ、起業家になることにしました。
漫然と仕事をして、人生を棒に振るのは非常にもったいないです…

人生は決断

今振り返ってみれば、決断の連続でした。
大学をどこにするのか
就職をどこにするのか
だれと付き合うのか
だれと結婚するのか
会社を辞めるのか

決断をしながら生きてきました。

そしてその結果、いろいろな事が変わってきました。
間違った決断もありましたが、しょうがありません。

ただ、すべては、決断から始まります。
環境の変化や幸運を待っていてもしょうがありません。

私が起業家になり、楽しくやっていると言うと
「いいね」と言われます。
その時、私はこう思います。
「あなたも決断すればいいのに」と。

企業で働くこと
起業家になること、
どちらにもメリットデメリットはあります。

どちらを選ぶかはあなたです。
すべては、決断から始まります。

 

独立起業のメルマガへ

 

Pocket
LINEで送る