事業計画、経営計画は必要か?

必要?不要?

経営計画は本当に必要なのでしょうか?
「計画は立てた瞬間から現実から離れている」
「絵に描いた餅だ」

こんな風に思っている人も多いのではないでしょうか?

私も、多くの経営計画を見てきました。
その中で感じたのは、

全くその通り・・・

そんな風に感じつつも、あらためて、
「経営計画は不要なのか?」と考えると、
結論は、
「必要です」
となります。

 

なぜ必要?

自分でビジネスをやっている以上、
将来究極的に、自分がどこへ行きたいのか?
何を達成したいのか?
常に頭で考えている事でしょう。

しかし頭で考えて整理できればいいんでしょうが、
それはなかなか難しい。
それをあらわすのが、経営計画だと思うからです。

さらに、当初立てた計画に対して、
今、どれだけの位置に到達しているのか?
上回っているのか?
下回っているのか?
当然これを知りたいです。

これが分からなければ、
今何をすべきか分かりません。
行き当たりばったりになってしまいます。

というように理想論はあるのですが、
多くの経営計画はその役には立っていない現実があります。
では、どのような事が必要なのでしょうか?
それには、最低限二つの要素が必要です。

気持ちの問題

まず、大きな目標を設定する。
昨年対比120%みたいな現実的な計画なんかたてても、
経営計画を立てる意味がありません。
やれることは「今まで以上にがんばる」というくらいです。

今までの延長線上ではない、
これができたらスゴイ!
と自分で自分を褒めてあげられるような
「新たな成長」をしてこそ経営計画を立てた意味があるというものです。

計画が達成できたとき、どう感じますか?
その時の自分になんと声をかけますか?
どう感じますか?
何が聞こえていますか?

ワクワクするでしょうか?
ガッツポーズが出ているでしょうか?

そんな、計画でなければ、意味がありません。

 

違う結果を求めるのは気違い。

そしてもう一点は、
目標達成までの行動プランがあるのか?

大きなゴールであればあるほど、達成できるまでの道筋は困難です。
今までの延長線上にない計画を達成しようとするなら、
今までとは違うことをする必要があります。

今までと同じことをやって、
違う結果を求めることなんて出来ないですから。
同じことをやって違う結果を求めるのは、気違いです。

ここに多くの計画の欠陥があります。
数字ばかりを作っているのです。

一方、目標達成の根本である
行動にフォーカスされていない計画が多すぎるのです。

目標達成のためには、
どんな障害があるのか?
障害を克服し行動できるようにするためには何が必要か?
まで落とし込んでいく必要があります。

 

最後に

いずれにしても
プランを作らないのは失敗の始まりです。
最初は難しくてできないかもしれません。
でも、作っただけの価値はあると思います。

一度、作ってみませんか?

 

Pocket
LINEで送る