ミッション、経営理念が必要な理由

ミッション、経営理念

ミッションや経営理念。
重要なのですが、
意外と軽視されていると感じます。

ミッション・経営理念とは?ということですが、
要は、

自分自身がどんな人のために
どんなことで役に立ちたいのか?
自分自身の存在意義、価値とは何なのか

といったようなことです。
(ミッションと経営理念は違うとかを気にする人もいますが、
本質はそんなことではないので、明確に区分していません。)

役に立っていない経営理念やミッション

社長さんと話をしていると良く分かるのですが、

経営理念、ミッションはあるけれども、
全く役に立っていないようなことが多々あります。

「そんなこと考えた事ない」
という言う人もいます。

軽視されているんですね。

 

よくあるのは、

難しい言葉で書かれていたり、
崇高な理念だったり、
何を言っているのか分からない

というイメージです。
だから、飾りのようなものになってしまっているんでしょう。

ミッション、経営理念の重要性

たしかに今まではそれでもよかったかもしれません。
でも、これからはどうでしょか?

今の時代を考えてみましょう。

今は、
モノもたくさんあり、
どこからでも買え、
情報も簡単に入る  という世の中です。

そうした世の中でより強くなってきているのは、
何を買うかだけではなく、
誰から買うか、
どこから買うか
ということです。

そうした時に、
判断材料の一つとなってくるのが、
その人が考えているミッションや理念といったものです。

 

私だったら、同じものを買うにしても
金儲けのためだけにやっていることが見えている人より、
〇〇の人を助けたいとか、〇〇の人の役に立ちたい
とか考えている人の方から買いたいです。

あなたもそうだと思います。

つまり、
あなたが発しているメッセージに共感してくれた人が
お客さんになってくれるということです。

伝えなければ・・・

理念やミッションは、
会社の額縁に飾っておくものでなく
世の中のお客さんに伝えるメッセージです。

綺麗な言葉で上っ面だけを飾って会社に飾っている場合ではありません。
従業員を一つの目的に向かわせるためのものでもありません。

あなた自身が考えていることを、あなた自身の言葉で、
お客さんに伝えていくべきものなのです。

だから、
「なくても困らない」とか
「一人で仕事をしているから、なくてもいい」とか
言う次元の話ではありません。

自分が考えているミッション・理念は
お客さんに伝えるべきものであるのです。

存在価値は伝えなければ分からない

あなたの存在価値は伝えなければ分かりません。
存在価値が分からなければ、
これからは淘汰されていくでしょう。

自分自身がどんな人のために
どんなことで役に立つのか?
自分自身の存在意義、価値とは何なのか

そういったことを考えて、
伝えていくべき時代が来たのではないでしょうか?

 

Pocket
LINEで送る