自分自身の価値は何?

ママの歌がパパの心さ響いて、それで2人が結婚しておらが生まれたんだもん。
ママの歌がねがったら、おらこの世さ生まれてねえんだぞ。

だから、おら、そういう人の心さ響く歌っこ歌いでえ。
何万枚も売れなくてもいい。
そのかわり、ちゃんと一人さ届く歌っこ歌った、ママみでえな歌手になりでえんだ!

先週、あまちゃんのブルーレイBOX3が出ました。
ここ最近見返しています。
上はアキの言葉です。

0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s

 

分かってくれる人だけと付き合えばいい

たくさんの人に売れなくても、一人の心に届きさえすればいい。

自分も全くそのように思います。
(お客さんが一人では困りますが・・・)
自分自身の価値を分かってくれる人とだけ付き合いたいと思います。

独立起業して2年、この気持ちはますます強くなってきます。

自分自身の価値をよく分かっていないような人たちと、
間違って付き合ってしまったからです。
そんな人と付き合うとおもしろくありません。

一方価値を分かってくれた人だと、
仕事もしやすくなるし金額ももらえます。

同じ時間をかけるのなら後者のほうが幸せです。

 

自分自身の価値は何?

とはいえ、難しい問題があります。

人に自分自身の価値を伝えるということです。
「一言で、自分自身の価値を伝えてください」
と言われたら、どう答えますか?

難しいです。
もしかしたら、
「そんなことを考えたことがない」
かもしれません。

でも、自分で自分の価値が分かっていなければ、
お客様にも伝えられません。

伝えられなければどうなるかと言えば、
「自分の価値を分かってくれる人が集まってこない」
ということです。

おもしろくないですね。

 

どうやって探すのか?

じゃあどうやって、自分の価値を探すのか?

結局、調査です。

答えは、お客さんがもっています。
いくら自分の頭の中で考えても
もしかしたらそれはお客さんにとって価値ではないかもしれません。

どうしても自分自身の頭の中で
主観的に考えてしまうことが多いのですが、
重要なのはお客さんがどう考えるか?です。

お客さんはどんなことで悩んでいるのか?
どんなことを欲しがっているのか?
調査する必要があるのです。

お客さんとか周りの人に聞けばいいです。
でも、独立起業したばかりとか、独立起業前だとそうもいかないかもしれません。

そうした時、簡単にできることがあります。
「Yahoo知恵袋」を検索するです。

自分の仕事に関するキーワードを入れてみましょう。
お客さんとなりそうな人たちが、いろいろな質問をしています。

「こんな悩みを抱えているんだ」
とか、
「こんなことを望んでいるんだな」
とか、どんなことを考えているのか分かったりします。

検索して見てみると分かりますが、
「こんなこと考えているんだ!」
とか、考えもしないものがあったりします。
意外と面白かったりします。

 

最後に、

億万長者のお金を生み出す26の行動原則でも書いてありますが、
買ってくれるのはお客さんです。
お客さんにとって価値のあるものでなければなりません。
その辺を間違ってしまうとおかしなものになってしまいます。

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る