税込み 税抜きどちら? 消費税の総額表示が10月1日より変更可

消費税の表記が変更可能です

できるだけお客さんに
「安いと思ってもらい、買ってもらいたい」
そんな風に思っているかもしれません。

そんな中、今のところ来年4月から
消費税が8%になることが予定されています。
さらに、2015年10月からは10%が予定されています。
悩ましい問題ですよね。

こんな風に
税率の8%に目がいきがちですが、
消費税の表記について
10月1日より変更が認められます。

どんな場合にOKなのか?

実際お客さんとお話をしていると、
自分のところへ跳ね返ってくるので、
消費税率が上がった際の
買い控えを心配されている方も多かったりします。

というようなこともあり、
今年の10月1日以降に表示方法の変更が可能になります。
どうなるかというと、
税抜金額での表示が可能になります。
(これは、平成29年3月31日まで可能です)

ただし、税抜き表示は
「税込み表示と間違えられないようにしているとき」
に限られます。
この、間違えられないようにしているというのは、
どのようなものかは、 今後ガイドラインで示される予定です。

さて、このことによる影響ですが・・・

これが税抜も可能となると、

税込9800円で売られていたものは、
9,334円(税抜)
9,334円+税
税抜9,334円+税
税抜9,334円、税466円
というようなことが可能になると思われます。

不思議なもので、安くなったような気がします。
このように表示で印象も大分変ります。

忘れないでほしいこと

このように税抜きになれば、
感覚的に安くなったような気がします。
(大分昔は、税抜表示でしたが、面倒でしたね。
書いてある金額とレジで払う金額が違うので。
特に、財布に少ししかお金が入っていない時は、
お金が足りるか計算したような気もします。)

ただ、
価格自体について考えることも忘れないよう。
「消費税8%になった時に、お客さんにきちんと負担してもらうことができるのか?」
「従前の価格をそのまま踏襲して、実質的に値引きを行うのか?」
「値上げを行うことも考えるのか」

こうしたことも考えないといけませんね。
価格は会社に大きな影響を与えます。
(これについては、明日おつたえします。)

今から考えておいたほうがいいこと

消費税は今のところ4月から8%が予定されていますが、
2015年の10月からは10%になる予定でもあります。

税込金額での表示は 消費税が8%になると、
たとえば 9,800円で売られていたものは、
10,079円になります。
見た目高くなった気がします。

ですから、今のうちに考えておくべき2つのことは、

1.税抜き、それとも税込にするのか?
2.価格自体をどうするのか?

これをどうするのか?
会社経営にとって非常に重要です。

直前になってあわてないよう
いまから考えておいたほうがいいと思いませんか?


人気ブログランキングへ

消費税対策にも役立つメールセミナーはこちらです。
消費税も影響する価格戦略はこちら。

Pocket
LINEで送る