たくさんの人を対象に売ることの間違い

多くの人がやってしまう間違い

「売上をもっと増やしたい」
多くの人がそんな風に考えます。
そして、チラシを出したり、ホームページを作ったりします。

しかしその時、
多くの人がやってしまう間違いがあります。
それは、
商品・サービスのターゲットをよく考えず、
作っていってしまうことです。
「買ってくれれば、だれでもいいから」
と、ターゲットを幅広く設定しがちです。

なぜなら、
その方が、たくさん売れるだろうと思ってしまうからです。

人それぞれ感性が違う

では、これは正解なのでしょうか?

あなたの周りをみわたしてください。
今の世の中、商品があふれていますね。
いろいろな種類の商品が。
そして機能なども。

そんな中では、
自分にとって一番よさそうなものを選びます。

例えば30代~40代の女性を考えてみてください。

主婦の人
キャリアウーマン
独身の人

いろいろな人がいます。
主婦とキャリアウーマンでは、
自分にとって一番よさそうという感覚は同じでしょうか?
おそらく全く違うはずです。

となると、「この人」と決めないと、
あなたがお客さんに伝えようとすることも
伝わりづらくなってしまいます。
結果売りにくくなってしまいます。

お客さんの対象は幅広く設定するよりも
本当にほしいと思っている人に絞ったほうが
あなたの伝えたいことも伝わりやすくなり
売れやすくなるのです。

もう一つの意味

極端だと思うかもしれません。
しかし、一人に向けて発信するくらいの
気持で行うくらいでちょうどいいのです。

このように、ターゲットを絞るということは、
売る人を決めるということですが、
違う言い方をすれば、
お客さんのニーズがどこにあるかを
見つける作業ともいえるのです。

そして、そのニーズを見つけた結果、
メッセージが伝わりやすくなるのです。
一方で、同じような感覚や感性、嗜好を持った人にも
伝わりやすくなります。

その結果、
ターゲットとした人以外の人が
お客さんになってくれることが多々あるのです。
これは、ターゲットを絞っていないのではなく、
ターゲットを絞った結果であるということです。

今からやることは?

商品がたくさんある今、
お客さんのニーズは多様化しています。
このような状況の中では
ターゲットを絞り、
その人たちにピタリとあう商品・サービスを提供すべきなのです。

では、どのような人をターゲットにしたらいいか?

今のお客さんを見て考えてください。
どんなお客さんが多いでしょうか?
そうした人をターゲットにすればいいのです。
そうした人はきっとあなたのファンのはずです。

もう一度、ターゲットを見直してみてはどうですか?

 

Pocket
LINEで送る