デメリットも知りたい

営業電話がありました

昼ごろのことです。
ある大手電話会社から営業の電話がありました。

「今ある電話料金を下げる提案があるのですが」

いつもなら、すぐ切るのですが
なんとなく、気まぐれに話を聞いてみました。

確か、こんな感じです。
「今ある電話料金を下げる提案があるのですが」

「なんで、電話料金が下がるのですか?」

「他社が安い金額なので、変更する人が多いのでー」

「それは分かるけど、値段が安くなるとか言っといて、
本当はプランによって値段があがるんじゃないの?」

「そういうことがないように、今の使用状況を確認させてもらいたいのですが」

自分は、疑い深いです。
さらに質問します。
「もしかしたら起こるかもしれないデメリットを言ってください」

「・・・・」

それについては、ごまかして何も言いません。

と言うようなことがあり、
いろいろ状況をしゃべっていたのですが、最後は
「とりあえず、書面でプランを送ってください」
とお伝えしました。

 メリットだけじゃダメなんです

私だけかもしれませんが、
「うまい話には、裏がある・・・」
疑い深いのです。

「なぜ、安いのか?」

納得できないと、ダメなのです。

「安く売るなら、その理由を教えて」
安い理由をきちんと教えてあげる必要があります。

デメリットがあるのなら、
そのこともちゃんと示してあげないといけません。

お客さんは疑り深いです。
損したくありません。

なので、
メリットだけでなく、
悪い事、納得しうる理由もしっかり伝えるべきでしょう。

あなたもそうじゃないですか?
お聞きします。
「調子のいい事ばかり言う人」
「悪い部分まできちんと説明してくれて、その上で、対案を進めてくれる人」

どちらから購入したいですか?

普通は、後者ですよね。
ですから、きちんと説明してあげましょう。
安くなる理由、デメリットを。

 

最後は・・・

さて、冒頭の件ですが、
「分かりました」
ということで、電話を切ったのですが、
30分くらいして電話がありました。

「2,000円位下がります。これにするには光回線にする必要があります」
光回線にしてほしいだけじゃん。
と言う感じです。

しかも、安くなる理由は最後まで言いませんでした。
(光化した方が効率が良くなるからと思っていますが)

「他にお客を奪われているから・・・」
というのが本当だったら、素直すぎです。
ありうるけど、個人的には信ぴょう性が薄いです。

そして、丁重にお断りしました。
本当に2,000円下がるのかよく分かりませんでした。
あまり電話のことは詳しくなく、自分のなかで納得できなかったので。

あと、それに付随すれば、
私の住むところが光化されてから、営業に辟易していること。
そして、テレアポしてきた女の人が、
口調がきつめで、むかついたということです。

やさしそうな、人のよさそうな人の方が適任ですね。

いろいろ学んだ電話でした。

Pocket
LINEで送る