正しい価格の決め方(個人が開業した時)もうかる

個人が開業したとき悩むこと

個人が開業した時、悩むことがあります。
それは価格をどうするか?
ということです。

 

私も悩みました・・・

私も価格をどうするか悩みました。

そしてやったこと・・・

周りがいくらか調べること。
周りと比べて高いか安いか?
これで売れるのか?
悩みました。

他と比べて高いから、
ちょっと安くしてみようか?
とかいろいろ考えました。

個人が開業して、
こういうのを考えるのも楽しいです。
悩むのはいいとは思います。

周りを調べるのも競合調査ですからどんどんやるべきです。

 

価格の決め方で間違っている事

しかし、価格を決めることについて注意が必要です。

一番悪いのは、
何も考えず周りの価格にあわせてしまうことです。
いわゆる価格競争です。

多くの方は、とてもいい人です。
なるべく安い価格でいい商品・サービスを提供したいと考えがちです。
周りと比べて高い金額で商品・サービスを提供することに躊躇してしまいます。

だから、
周りが1,000円なら自分が2,000円とすることに抵抗を覚えてしみます。
相場が2,000円なら3,000円とすることに抵抗を感じます。
周りより高いのは、お客さんに申し訳ないと思ってしまいがちです。

 

価格を安くしても

しかし、考えてみて下さい。
もし競合が大手だったら、
相手の方が低価格に抑えられるのは間違いないことです。

競合が大手でなかったとしても、
周りに合わせただけの価格の行き着く結果は、
最悪の場合、
仕事を続けられるだけの利益が得られず廃業です。

あなたのことが大好きなファンがついていたとしたら、
その人たちは悲しみますよね。
安かったとしてもお客さんのためにならないのです。

個人で開業するように、小さな規模でビジネスを行う場合、
相手に合わせた価格の決め方をして、
自分の都合を考えていないと、
下手すれば、廃業への道を突き進むということです。

 

個人が開業した時の正しい価格の決め方

では個人が開業した時の正しい価格の決め方とは?
ということですが、
あなたがいくらのお金が欲しいのかということにつきます。

  • 年間通して原価・経費がいくらかかるのでしょうか?
  • それに利益を足すといくらの売上が必要なのでしょうか?
  • それだけの売り上げをつくるには、どれだけの客数や単価が必要なのでしょうか?

当然単価が少なければ、多くの客数が必要になってきます。
単価が高ければ、客数は少なくすみます。

これを考えないと、膨大にお客さんをとってこなくては
ならなくなってしまうこともあります。

これが正しい価格の決め方です。
価格をいくらにするのか?はあなたの自由です。
他から文句を言われる筋合いはありません。

 

ボランティアではありません

あなたはいくらのお金が欲しいのでしょうか?
いくらいい商品を安い金額で売っていても
最終的に残るお金がないのなら、それはボランティアにすぎません。

ボランティアをする余裕があるだけのお金があれば別ですが、
ビジネスとして起業した以上はボランティアをしている暇はありません。

あなたが決めた価格に納得してくれて、
それで買ってくれるお客さんだけに売っていればいいです。
もし、それができないのなら早く仕事を辞めた方がいいかもです。

 

最初は怖いですからしょうがないです

もちろん最初はお客さんが欲しいです。
お客さんができないのは怖いです。

私もそうでした。
だから、安くするのも仕方ないかもしれません。
しかし、いつまでもその金額でやっていたら、結局廃業です。

かえってお客さんのためになりません。

徐々に正しい価格の決め方に基づいて、
少しずつ自分の欲しい金額にまで上げていく必要があります。

 

最後に

次にやることは情報発信です。

情報発信が重要な理由で書いた通り、
お客さんに見つけられやすくなります。
選ばれやすくなります。
結果として、今より高く自分を売れるようになるでしょう。

 

 

Pocket
LINEで送る