USPを簡単に見つける方法

USPとは?

質問です。
「他にも同じようなものが他にもある中で、あなたから買うべき理由はなんでしょうか?」

これに対する回答が一番難しいです。
自分もこの回答には一番苦しみます。

しかし、
すでにある会社もそうですが、
これから起業しようとする人も
これに対する答えは常に持っていなければなりません。

ビジネスをやる上で必ず必要なもの。

それがUSPです。

USPとは
ユニーク・セリング・プロポジション(Unique Salling Proposition)」。
「独自の販売提案」です。

分かりやすく言えば、
他社と比較された時に選んでもらうための「強み」のことですね。

現実はどうでしょうか?

少し考えてみて下さい。

「リフォームやります」
「HP作ります」
「家を建てます」

世の中のチラシ・HP、
こういったものが多くありませんか?

買う立場からしたらまったく魅力的に見えません。

  • 自分が競合と比べて何が強いのか?
  • 自分と取引することで他社にはないメリットはなんなのか?
  • なぜ、自分から買わなければいけないのか?

こうしたことを考えて周りに伝えていかないとダメですよね。

有名なUSPがこれです。
「熱々でジューシーなピザを30分以内にお届けします。間に合わなければ代金はいただきません。」
ドミノピザはこれにより大きな成功をおさめました。

USPを伝えないと・・・

USPをお客さんに対して
伝えていかなければどうなるでしょう?

もし伝えなければ・・・

  • 他との違いが分かりません。
  • 他よりどういいのか分かりません。
  • 他でなくあなたである理由が分かりません。

ということは、
価格を安くしないと売れなくなってしまうのでは?

であれば、
当然自分の良さを考えて、伝えていかなければいけませんよね。

しかし、
「他と比べて優れているところはない」
とか、
「うちの商品はどこでも売っている」
と思ってしまうかもれません。

でも必ずあるはずです。
自分だから分からないのです。
自分のことは自分では分かりにくいものです。

USPを簡単に見つける方法

では、どういう風に作ったらいいのか?
ということですが、
いろいろあります。

自分もお客さんの相談に乗る時などは、
競合を調査したりとか、
いろいろな質問を社長さんにしたりとかします。

でも、一人だったらそんなことできませんよね。

であれば、
一番簡単なことは
「誰か友達にでも聞く」
です。

お客さんがいれば、
お客さんが一番いいですね。

「他にも会社がある中で、なぜ買ってくれたのですか?」

この質問に対するお客さんの回答の中に、
USPのヒントが隠されているはずです。

そうすると自分では気が付く事ができなかった
いい部分が見えてくるのです。

一度、聞いてみてはいかがですか?

人気ブログランキングへ

Pocket
LINEで送る