安請け合いすると後悔する安請け合いすると後悔します。
だから仕事ではできるだけしないようにしています。

a0002_008023

 

プライベートの安請け合いは後悔のもと

プライベートだと自分は割と安請け合いしてしまう方です。
例えば、
「ゴルフで人が少ないから参加してくれ」とか、
「〇〇会の参加者が少ないからでてくれ」とか。

大体、「やりたくないなー」と思っているようなことだと、
あとで、
やっぱりやらなきゃよかった・・・
といった感じです。

今も知り合いから頼まれて、
ある会に入ったものの
辞めたいと思っているものが2つあります。

今になっては、やめにくいのですが、
こういう安請け合いはあとで後悔しますね。

 

仕事では 安請け合いは禁止

仕事でも安請け合いで後悔したことはありませんか?
極力やめましょう。

先日もあるところから、言われました。
「お金払っているんだから、これくらいのことは追加でやってよ」

「追加でやってよ」
と言っているのですが、
それは、「無料で」と言う意味です。
そして、その仕事量はちょっとしたことです。

安請け合いをして、
やってあげてもいいのかもしれません。

さて、あなただったらどうしますか?
お客さんの言うことだから、引き受けますか?
それとも、無料でなんてできないから断りますか?
別にちょっとしたことだからやってもいいのですが、
私は断りました。

少しであっても、仕事が増えます。
癖になります。
同じことでもお金を払ってくれる人がかわいそうです。

ボランティアで仕事をしているわけではありません。
相手にとっては厳しいかもしれません。
しかし、安請け合いは後悔の素だからやめるべきです。

 

信頼関係はサービスで

もし、引き受けたら、
感謝されて後々プラスになるかもしれません。
やってあげることで、信頼関係が増すかもしれません。

でも、私の経験ではあとで帰ってきたことはありません。
そして、それで信頼関係が増すとも思えません。

自分が買う立場でも、
「安く」とか、「ただでやってもらったから」
とかで、信頼関係が増していることはないような気がします。

むしろ、高かったとしても、
自分にとっていい結果が得られて満足できた時の方が、
相手を信頼しているような気がします。

きちんとした代金をもらっても、
相手が喜ぶ結果を出してもらったほうが
プラスになりますね。

周りにもいますよ。
安請け合いして、汲々としている人が。

それで、儲からない儲からないと言っているのですから、
お気の毒です。

 

最後に

「お客さんになったらエサはやらない」
ということではありません。
相手が思っていた以上の価値を与えてあげることが大事です。

さて、
仕事だとこんな感じですが、
あとは、プライベートの安請け合いです。

 

 

Pocket
LINEで送る